endflow.net blog

/* programming and programming */

Lazy-Loading mechanism of Django i18n

with 2 comments

/* Why? */

I’d like to introduce i18n (internationalization) framework to TortoiseHg website. So I looked around a template system for Python, then found Django’s template system and i18n framework. In the process, I got interested in Lazy-Loading of Django’s i18n framework.

I don’t know whether this entry helps someone, but anyway I try to explain it with a little sample code. Welcome any comment! I’m Django newbie :)

/* Not yet */

Now translating…

Written by kuy

February 26th, 2010 at 10:25 pm

Posted in Uncategorized

Tagged with , ,

2 Responses to 'Lazy-Loading mechanism of Django i18n'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'Lazy-Loading mechanism of Django i18n'.

  1. おらもDjangoユーザーではないけど
    Google App Engineに興味があるから
    今後Djangoに行くかも

    それにしても誰が考えたんだか知らないけどGet-Textは、Railsで使っているけど

    動作に癖があって結構怖いよね
    特に名前がかぶって使えなくなること多くない?

    sartord

    27 Feb 10 at 01:41

  2. かぶったときの対処法としては無理矢理原文の方に変化を付けたりして回避してます。
    でもまぁそれも限界があるわけで・・・。あとそういうことすると原文を変更した私しかその意図を知らないため、他の翻訳者に迷惑をかけるというデメリットも無視できません。

    中でも一番困る単語は “Source” とか “Destination” です・・・orz

    たしか最新の gettext には翻訳文字列にコンテキストを持ち込むことができるらしいんですが、残念なことに pygettext は未対応だったりします。だったら独自の gettext を作ったれ、とも考えましたが、例えコンテキストを持ち込めたとしても、 Launchpad や Transifex のような一般的な翻訳支援システムがそれに対応してなければ何の意味もないんですよねー。

    kuy

    25 Mar 10 at 03:52

Leave a Reply